プロフィール

0eb85c70

SNS

井上 岳一

株式会社日本総合研究所 創発戦略センター シニアマネジャー

略歴

1994年東京大学農学部林学科、2000年Yale大学大学院卒業(経済学修士)。法政大学兼任講師(生態系デザイン論)。林野庁、Cassina IXCを経て、2003年に日本総合研究所に入社。「森のように多様で持続可能な地域社会のデザイン」をミッションに、インキュベーション活動に従事。自動運転による公共交通の実現等、“ローカルDX”による公共のリノベーションが現在の注力テーマ。共著に『AI自治体』(学陽書房、2018年)、『公共IoT』(日刊工業新聞、2018年)、『MaaS』(日経BP社、2018年)等がある。

セッション

地方創生のためのAI活用

概要

AI技術の進化によって、自治体の仕事や地方の経済はどう変わるのか。AIを適用しやすい自治体実務・行政サービス、地域活動とは何か。人手不足がもっとも深刻な地方の創生という観点から、AIの可能性に迫る。

登壇者

モデレーター

会場

東京都千代田区丸の内 2-4-1
丸ビル, メーンホール

開催日時

2019年04月23日 午後04:00 - 午後05:00